はぐくみ農業協同組合 行動計画を定めました。

HOME新着ニュース > はぐくみ農業協同組合 行動計画を定めました。

JAはぐくみ新着ニュース

はぐくみ農業協同組合 行動計画を定めました。(2019年5月27日)

はぐくみ農業協同組合 行動計画

 JAはぐくみ職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次の通り行動計画を策定する。

1.計画期間 平成31年4月1日~令和4年3月31日までの3年間

2.内容
職場生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備

目標1:育児・介護休業に関する制度や手続き、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働保険法に基づく産前産後休業などの諸制度を周知する。
<対策>
 ●令和元年 8月~ 制度、手続きに関するパンフレットの作成
 ●令和元年10月~ 職員への周知

目標2:育児・介護休業後、職員が職場復帰しやすくするために、休業中に組合に関する情報提供を実施する。
<対策>
 ●令和元年 6月~ 組合に関する情報・資料等の検討、決定 
 ●令和元年10月~ 育児・介護休業取得者に対する情報提供の開始

働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

目標3:年次有給休暇取得の促進のための措置を実施する。
<対策>
 ●令和元年 5月~ 有給休暇の取得状況を調査
 ●令和元年 6月~ 労使で有給休暇取得促進に関する検討・協議
 ●令和元年 7月~ 有給休暇の取得促進を周知

次世代育成支援対策に関する事項

目標4:地域の小学生を対象に農業体験や食農教育を通じて、自然環境の大切さやものを育てる「喜び」と「命」の尊さを啓蒙する。
<対策>
 ●令和元年 5月~ 水稲育苗・野菜苗等の提供
 ●令和元年 6月~ 農産物(梅・国府白菜など)の体験学習の検討
 ●令和元年 9月~ 農産物(梅・国府白菜など)の体験学習の実施